2014年06月03日

6月の曲

今週末は雨に祟られそうです。いよいよ、梅雨が近づいてきたんですかね。

雨といえば、中西保志さん「最後の雨」や、徳永英明さん「レイニー・ブルー」

と以外に名曲が多いんですね。ASKAさん「はじまりはいつも雨」もそうです。

ま、とくに触れませんが。今日紹介したいのは、丸山圭子さん「どうぞこのまま」

1976年ですから、私はリアルタイムで聞いてませんが、ボサノバ調で、

丸山さんのアンニュイな歌声と見事に調和されてます。丸山さんご自身の、

実体験を書かれた歌だそうです。






UPされた方有難うございます。こういう歌、もう出てこないだろうな。

歌える人もいないだろうけど。
posted by 十津川警部 at 21:51| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

菊池桃子さん30周年コンサートレポD

さあ、ここからは私が一番熱くなってた頃の曲が続きます。

「卒業」「雪に書いたLOVE LETTER」「SUMMER EYES」

と怒涛のラインナップ。スクリーンには当時の、桃子さんの映像が流れています。

ステージかスクリーンかどちらを見たらいいのか悩んでしまいます。

「みなさ〜ん、顔が十代の頃に戻ってますよ。仕事とか家庭の事とか、

忘れてません?でも、今日だけは良いですよね?」大丈夫ですよ。

仕事の事なんて秒殺で忘れてますし、家庭はありませんしね。心配ご無用です。

そして、彼女と出会うきっかけとなった「青春のいじわる」で本編修了。

当然アンコールです。1曲目は「SAY YES!」の原曲バージョン。

ここで観客オールスタンディング。ラストは「青春ラブレター」

「大人になって辛いことや苦しいこともあると思います。でも、

今日みんなで楽しんだ事パワーにして明日から頑張って下さい!

心から応援しています!」上司や親に頑張れって言われても頑張りませんが、

彼女の言うことなら頑張れそうです。つまらない毎日ですが頑張りますか。

みんな良い顔してた。戦場に桃子さんが現れたら兵士はみんな銃を置くよ。

それくらい暖かい空気が流れていました。「青春ラブレター」の歌詞の中で、

「あのね」というところがあるんですけど、「またね」に変えて歌ってくれました。

またねがあるなら是非お願いしたいです。本当に来てよかったと思います。


おわり。
posted by 十津川警部 at 20:17| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

菊池桃子さんコンサートレポC

「青春ラブレター」を歌い終わるとMCに突入。

「こんにちわ、菊池桃子です」やばい全部持ってかれた。というのも、

中学生当時、チャンネル権は親父が握っており自由にテレビは見れなかった。

そんな私に唯一許された権利それはラジオだった。日曜夜11時。

「あなたと星の上で」という番組を楽しみにしていた。今でも日曜の夜なんて、

憂鬱以外の何物でもないんだが、当時は日曜の夜が楽しみだった。

その時聞いていた声そのまんまだった。本人なんだから当たり前なんだけど。

「SAY YES!」「夏色片想い」「Broken Sunset」と3曲披露。

続いてここからは当時のラジオ番組に来た葉書のリクエストを素に5曲をメドレー。

実はここが一番楽しみでした。私の希望は「SO MANY DREAMS」

「EVENING BREAK」 「SHADOW SURFER」「I WILL」

「YOKOHAMA CITY OF LIGHTS」でしたが、結果は・・

「MAY SICK」 「DEAR CHILDREN」 「TOMORROW」

「DREAMIN RIDER」「DEJA VU」1曲もやってくれなかった。

まあ、でも全曲オリジナルだったので満足です。そして最後に「OCEAN SIDE」

上には書かなかったですけどこの曲、3本指に入るほどのお気に入りなんですよ。

ここでお祝いVTRの紹介。まずはキャイーン天野さん。SOPHIAの、

松岡充さん。恵俊彰さん。ちなみに天野さんはこの日2階席で見てらした様です。

あと浜口さんと千秋さんも来ていたようです。2階は一般の方は入れないようでした。

最後の登場は黒柳徹子さん。徹子さんのフリで「今週の第1位菊池桃子さんで

もう逢えないかもしれない」で曲スタート。続いてスクリーンには映画、

テラ戦士Ψボーイの画像が実は私この映画観てないんですよ。観てないのに、

サントラは持っているという。本当バカだな。映画観てないのにサントラ買う、

バカいねえだろ。バカな中学生を許せ。で「BOYのテーマ」。

エレクトーンがステージに用意され、トークしながら弾き語り。

ラ・ムーの「愛は心の仕事です」には驚いた。

でもご本人はラ・ムーの楽曲好きだそうです。次回は歌うかもしれませんね。

お客さんの反応も良かったですからね。ここまで観てきてとにかく桃子さんの、

人柄というか優しさが伝わってくる。声も相変わらず柔らかいしね。

ずーっと私ふわふわしたままでした。


つづく。

posted by 十津川警部 at 23:25| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。