2014年07月09日

ブラジル歴史的大敗

ドイツ7−1ブラジル。

巨人−横浜じゃありません。W杯です。この日帰ってきたのが午前1時50分。

2時過ぎに寝て5時起き。3時間も寝れてないので、ぼーっとしてたら、

いきなりドイツ先制。そしたら、あなた入るわ入るわ前半だけで5点。

1点目のミュラー選手のゴールがドフリーに見えたので、ちょっと不安でしたけど、

こんなことになるとはねえ。ネイマール選手よりチアゴ・シウバ選手がいないのが、

ブラジルにとってはキツかったように思えたけども、ブラジルの場合ホーム有利、

とはならなかったようですね。優勝以外望まれてないチームですからね。

相当プレッシャーを感じていたのではないかと。立て直す時間をドイツは、

与えてくれませんでしたね。並のチームなら2点くらいで終わっていたかも、

しれませんが今のドイツは並じゃありませんから。ブラジルの混乱を、

収集つかないとこまで追い込みました。正直ドイツは良いとこまでは、

いくんですが、良いとこ止まりの印象が強いんですけど、今回は、

ひょっとするかもしれません。それはもう1つの試合を観てから考えようかと。

てか、眠くて考えられないんですけど・・・
posted by 十津川警部 at 23:30| Comment(0) | 代表・海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。