2014年05月29日

菊池桃子さんコンサートレポC

「青春ラブレター」を歌い終わるとMCに突入。

「こんにちわ、菊池桃子です」やばい全部持ってかれた。というのも、

中学生当時、チャンネル権は親父が握っており自由にテレビは見れなかった。

そんな私に唯一許された権利それはラジオだった。日曜夜11時。

「あなたと星の上で」という番組を楽しみにしていた。今でも日曜の夜なんて、

憂鬱以外の何物でもないんだが、当時は日曜の夜が楽しみだった。

その時聞いていた声そのまんまだった。本人なんだから当たり前なんだけど。

「SAY YES!」「夏色片想い」「Broken Sunset」と3曲披露。

続いてここからは当時のラジオ番組に来た葉書のリクエストを素に5曲をメドレー。

実はここが一番楽しみでした。私の希望は「SO MANY DREAMS」

「EVENING BREAK」 「SHADOW SURFER」「I WILL」

「YOKOHAMA CITY OF LIGHTS」でしたが、結果は・・

「MAY SICK」 「DEAR CHILDREN」 「TOMORROW」

「DREAMIN RIDER」「DEJA VU」1曲もやってくれなかった。

まあ、でも全曲オリジナルだったので満足です。そして最後に「OCEAN SIDE」

上には書かなかったですけどこの曲、3本指に入るほどのお気に入りなんですよ。

ここでお祝いVTRの紹介。まずはキャイーン天野さん。SOPHIAの、

松岡充さん。恵俊彰さん。ちなみに天野さんはこの日2階席で見てらした様です。

あと浜口さんと千秋さんも来ていたようです。2階は一般の方は入れないようでした。

最後の登場は黒柳徹子さん。徹子さんのフリで「今週の第1位菊池桃子さんで

もう逢えないかもしれない」で曲スタート。続いてスクリーンには映画、

テラ戦士Ψボーイの画像が実は私この映画観てないんですよ。観てないのに、

サントラは持っているという。本当バカだな。映画観てないのにサントラ買う、

バカいねえだろ。バカな中学生を許せ。で「BOYのテーマ」。

エレクトーンがステージに用意され、トークしながら弾き語り。

ラ・ムーの「愛は心の仕事です」には驚いた。

でもご本人はラ・ムーの楽曲好きだそうです。次回は歌うかもしれませんね。

お客さんの反応も良かったですからね。ここまで観てきてとにかく桃子さんの、

人柄というか優しさが伝わってくる。声も相変わらず柔らかいしね。

ずーっと私ふわふわしたままでした。


つづく。

posted by 十津川警部 at 23:25| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。