2014年03月05日

広島対C大阪 雑感

昨日上げた筈の記事が投稿されておらず、6月から続いた連続更新が、

途絶えてしまいました。ガッカリです。私の性格上、1日更新しなきゃ、

もう止めたになってしまうので、やる以上はきっちり続けたいし、

中途半端にやるなら最初からやらない方がいいと思ってますんで。

内容はともかく何事も継続が大事なんじゃないかと。仕方ないまた、
 
1から始めますよ。で、先週行われたJリーグの試合から広島対C大阪の、

一戦を振り返ろうと思います。開幕のカードが決まった時点で一番注目の、

試合でした。そこにフォルラン選手加入でさらに拍車が。雨の中37000人、

の観衆が集まりました。もうこれはフォルラン効果といって良いんじゃないかと。

どちらのチームのホームゲームでもこんなに入ったの記憶に無いですもの。

で、結果は1−0で広島の勝利。フォルラン選手だけでなく、柿谷選手にも、

ボールが集まりませんでした。広島が主導権握ってましたね。目に着いた選手は、

柴崎選手。昨シーズンは徳島で昇格に大きく貢献した選手の一人。過去に川崎でも、

プレーしていたのでJ1は経験済み。そもそも川崎でも主力だったんですが、

監督が替ってから全く起用されなくなってしまい、気が付いたらJ2の徳島に、

放出されてました。ですからこれくらいやれる選手なんですが、よく動いてました。

危ない場面では必ず顔出してましたから。ボランチとしてコンビを組む、

青山選手との連携も問題なさそう。キーパーの林選手といい広島は補強が上手。

一方のC大阪は既報通りフォルラン選手と他選手の連携がまだイマイチ。無念の途中交代。

まだこれから良くなってくると思います。目立ったのは南野選手ですかね。

シュートの意識が一番高かったかなと。広島はこれだけ主力がいなくても、それを全く、

感じさせない試合運びと明らかに去年より厚くなった選手層。守備は鉄壁ですし、

1点獲れれば十分勝てるでしょう。これで攻撃陣が戻ってくれば得点も増えますし、

そうなればもう手がつけられないんじゃないでしょうか。試合を観終わっての、

感想は3連覇十分可能性あると思いました。唯一の不安材料は3バックの誰かが、

離脱したときかなと。直近2試合見た感想だと完成された強さを感じましたね。

posted by 十津川警部 at 21:41| Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。