2013年11月13日

ミリ・ヴァニリ

ご存知の方も多いと思いますが、私、洋楽も嗜むんですね。

80年代後半に思いっきりはまりまして。ですから邦楽同様、

古いのがお好みなんですけど。今日紹介するのはミリ・ヴァニリという、

男性デュオです。1988年にデビューしまして、4曲立て続けに大ヒット。

数年後にブームが来るラップを取り入れたりと当時にしては斬新でしたし、

正直カッコよかった。





デビュー曲 ガールユーノーイッツトゥルー です。


当時勢いは凄まじく、グラミー賞新人賞を受賞します。ここまでは良かった。

多分、天狗になっちゃったんでしょうね。プロデューサーと大喧嘩。

キレた、プロデューサー禁断の一言。「奴らは歌ってねえ」。

そう、口パクだと大暴露。いや、よく歌番組なんかではあるんでしょうか?

でもねレコーディングしてない。こりゃ詐欺でっせ。当人たちもすんなり認め、

グラミーははく奪されます。しかしこのプロデューサー商魂たくましいといいますか、

今度は歌ってる人たちをリアル・ミリ・ヴァニリとしてデビューさせます。





声、一緒でしょ。話題性でこの曲はちと売れましたが後が続かず。

一方、本家(どっちが本家かもう訳わからんですが)も二人で再デビューしますが、

泣かず飛ばず。片割れのピラトゥスにいたっては強盗事件おこしたりドラッグに溺れたり、

まさしく転落の一途。そして悲劇が起こります。わずか32歳でピラトゥスは、

世を去ってしまいます。死因は薬物の過剰摂取。あの時スターになってなければ、

こんな事にならなかったかもしれません。この二人の人生を映画化するとか、

しないとか。本当なら当時を生きた人間として是非見て見たいものです。
posted by 十津川警部 at 21:14| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。