2013年08月28日

WANDS その後

上杉さん、ギターの柴崎さんが脱退してしまったWANDS。

残ったのはキーボードの木村さんのみです。海外ならボーカル

チェンジってよくあるんですが、日本じゃ聞いたこと無い。

こうなりゃ解散しかないですわな。あっ、1986オメガトライブ

がいましたな。しかし、ビーイングはこの選択をしません。

新たにボーカルを発掘して新生WANDSを立ち上げます。

その第一弾がこの曲。






「錆ついたマシンガンで今を打ち抜こう」

ビーイングおなじみの長タイトル。

当時リアルタイムで聞いていた私はボーカルが変わったのさえ気づかなかった。

それくらい似てますよね。彼は和久二郎さんという方。こんなボーカルつれてくる

ビーイングの底力ハンパねえす。これで万事めでたしとはならないんですな。

「世界が終るまでは」の後に出した曲が全くファンのイメージしたWANDS 

では無くてですね、ファン離れが加速しておりまして私もその一人ですけども。

音楽性が戻ってもどうにもならない状態でした。2000年に解散をしています。

 
posted by 十津川警部 at 21:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。