2013年08月17日

私は早い?

今日は利根運河を走ろうかと思い、江戸川CRへ。

ギアをCRモードに変えて(一番大きく)走っていると

後ろに自転車の気配。あたふたして野田側に入っちまった。

あわてて引き返すとさっきの自転車とすれ違う。クロスだ。

ロードにゃ負けてもクロスにゃ負けらんねえな、などと

考えながら流山側爆走。しかしこの運河、人や自転車が渡れる

位の橋が途中にあるんです。その橋をさっきの自転車が渡るのが

目に入る。彼が橋を渡ったところで抜き去る。しばらくして

後ろを見るとその自転車にビタづけされとるがな。頑張れ俺!

と必死に踏むが横に並んできやがった。負けたクロスに負けた。

チックショーと小梅太夫みたいになっていると「早いですね」

といきなり話しかけられた。CRに出て1年近くなるがこんな

ことは始めて。正直動揺した。基本自分以外のチャリダーは

皆、敵だと思っているので。私も「いや、そちらのが早いですよ」

とかえす。すると「ペダルもホイールも変えてるんで」と。良く

見るとたしかにタイヤは細いしペダルもピンディングだ。こんな

話しを並走しながらする。サイコン見ると31キロ。このスピード

で世間話するって、私もイカレてるが、あんたも相当だなと。

彼「どこまでいくんですか?」私「この先の高校(市立柏)までです」

私「どちらまで?」彼「手賀沼まで行ってみるつもりです」そんな会話

をしていると運河の橋が見えてくる。彼が先を取る。橋をくぐって登る

ピタリとついて登る私に、彼「やっぱ漕げますね」私「いやいや。今度は

前でますね」私が引きに入る。息が整いスピードが出始める。今日は

調子は悪くない。34キロで走る。さすがに早いかなと後ろを見ると

ベッタリ張り付いてやがる。あんた早いぜ。柏大橋手前で彼が「じゃあここで!」

とCRから降りる。私「どうも。気をつけて!」短い間だったが中々楽しい

時間を過ごせた。いつも私は「ミナミの帝王」の取り立てから逃げるような

ガチ走りをしている。クロスバイクでガチ走りしている奴は彼から見たら

異様に違いない。しかもどノーマル仕様。私も彼をみてクロスでも早い奴は

いるんだなあと認識させられた。ロードで早く走るのは当たり前。クロスで

早く走り何万円もするロードを抜き去ることに私は意義を感じている。

きっと彼もそうなんじゃないか。同士に出会えたような気分。また会える

日を楽しみにしよう。
posted by 十津川警部 at 22:20| Comment(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。